300万台売ったスマホ「AQUOS sense」が狙う次の市場

マネー
1: 稼げる名無しさん 2021/01/20(水) 21:14:11.09 ID:CAP_USER.net
シャープは2020年9月に、同社のAndroidスマホ「AQUOS sense3」が約1年間で300万台を販売したと公表した。AQUOS senseシリーズがここまで大きく育ったのは、「必要十分」のコンセプトで作った低価格スマホに、「大容量バッテリー」という訴求ポイントを加えた商品開発の妙があった。
日本国内のスマートフォン市場では、iPhoneシリーズが圧倒的なトップシェアを獲得している。それに次ぐ2位の座を、シャープのAQUOSシリーズがここ数年守り続けていることはご存じだろうか。BCN調べによるAndroidスマホのメーカー別シェアでは、シャープが2017~19年に3年連続1位を達成中で、4年連続1位の可能性も高い…
続きはソース元で

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 僕もサブ機で使っていたけれど安い、必要十分というところで名機だと思ったお!
 台湾製なので米国からの制裁対象になりにくいのもよいところかと。

yaruo_warai

AQUOS sense4 次の機種にいかがかお?


SHARP SIMフリースマホ AQUOS sense4 ライトカッパー

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

コメント